2017/09

<< September 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


LATEST ENTRIES

 

ARCHIVES

RECENT COMMENT

いままでのお客様
ブログパーツUL5

観に行きましょ〜〜♪

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


ベーコン展@近美


1、喘息持ちである
2、彫刻感覚で絵を描いている
3、インテリア好き
4、子供の時プロテスタントの教会に通っていたこともあるが無神論者

・・・とは、まるで自分のことかと思うのだけれど、これは図録に書いてあったフランシス・ベーコンの特徴である。

まさにベーコンは自分がばくぜんと彫刻でやりたいと思っていた感覚に、男性性を加えて完成度をぐんと上げ、センス良くしたような印象だった。
久しぶりに、近代以降の美術を見て感激をした。


とにかく、この作家は、実物を見ないとわからない。

写真で見る限りでは、溶けた人体のような表現は、なんだか現代的で、みんなやってるしなー、ありがちなパターンの先駆的な立場なのかな、くらいにしか思っていなかった。

ところが、本物は違った。

なんて骨太な作品!
これは、上っ面な取り組みでは決して描けない絵。
めちゃくちゃ画力があるし、やろうとしていることが面白い。

理屈でどうこうとは言えないのだけれど、これは確かに良い絵だと確信した。
また一人、よい作家を知ることができてよかった。


スポンサーサイト

 


comment









trackback


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--