2017/11

<< November 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


LATEST ENTRIES

 

ARCHIVES

RECENT COMMENT

いままでのお客様
ブログパーツUL5

観に行きましょ〜〜♪

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


きぶんてんかん

唐突に思い出しました。 

「 牡丹花は 咲き定まりて 静かなり
  花の占めたる 位置のたしかさ 」     

木下利玄、大正11年。

すばらしい歌だと思いませんか?
存在の緊張感、生の美しさをひっそりと、かつ大胆に感じられます。
いい彫刻に対面したときの感動に近いものがあります。

ちなみに、自分のひいじいちゃんは俳人だったのですが、
いくら渋好みといえど、
じいちゃんが生きていたときの幼い自分は俳句をつくろうという頭が無かった、
今思えば添削してもらえたのになあ。なんて思うのですが。
とにかく自分は俳句や短歌のセンスがなくって。
言いたいことがまとまってないからですかねえ。
年取ったら、作れるようになるかしらん。

。。。と
頑張って少しさわやかな気分になってみましたが、
いかんせん作品がやばいです。

でも、ピンチな時こそ何かのチャンス!
発想を柔軟にして、切り抜けなければ〜〜〜っ!!






スポンサーサイト

 


comment

名無しさん

こちらこそ☆
またコメントしてくださいねっ
(できたらペンネームをいれて
いただけると嬉しいデス)

  • 真津
  • 2010/09/14 6:10 PM

ありがとう

  • 2010/09/14 5:58 PM










(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--